Noche & Monte(ノーチェ & モンテ)

 
情熱的、叙情的、時にはコミカルに…。
心が揺さぶられ、なおかつ暖まる情感のこもった音。視覚障害者である「ノーチェ・アナザワ」こと穴澤雄介のヴァイオリンと、「モンテ・モチヅキ」こと望月雄史のギターによって繰り広げられる世界。それらで奏でられる音楽は、まさに人生そのもの。逆境の体験から得た人生観、苦も楽も含み得たその深い人間性は、滑稽さや悲しみ喜びのかたちとなって音楽へと昇華します。

幅広いジャンルのレパートリーを持つ「ノーチェ & モンテ」
その演奏、音楽は各方面から高い評価を得てます。ラテン音楽を柱に、ポップス、ジャズ、クラシック、ケルト音楽、童謡やアニメソング等々の多彩なレパートリー。誰もが親しみ深いメロディーをも、このデュオだけの音楽性で奏でます。

演奏者
ノーチェ・アナザワ(穴澤雄介)=ヴァイオリン、パ−カッション
モ ン テ・モチヅキ(望月雄史)=ギター

プロフィール
「Noche & Monte」
ノーチェ・アナザワ&モンテ・モチヅキ
(穴澤雄介&望月雄史)
2002年結成。以来東京・名古屋を中心に、各地でライブ、イベント等に多数出演。ジャンルにこだわらない二人の音楽性が相まって、バイオリンとギターという一見地味な編成ながらも、曲ごとに変わる世界観、深く重いフレージング、情熱的なリズムを駆使し自由自在に自らを体現する音楽は、まさに宇宙的。それに加え全盲であることを忘れさせられる、独特な切り口の穴澤のトークが、音楽でのみならず、聞き手の心を激しく掴む。
2004年5月に待望の初デュオアルバム「いくつかの星空のために」を発表。
2006年3月「第25回浅草ジャズコンテストバンド部門」にて金賞を受賞。
同年8月「赤煉瓦ジャズ in 舞鶴2006」にて一般参加部門で優秀賞を受賞。

穴澤 雄介(あなざわ ゆうすけ)ヴァイオリン、パーカッション
1975年生まれ。5才からヴァイオリン、18才から作曲を学ぶ。筑波大学付属盲学校専攻科音楽科を卒業後、様々なジャンルのライブ演奏や、ソニー・ミュージック・エンタテイメント等のレコーディングに携わる。これまでに4枚のCDアルバムをリリース。NHK第2放送やFM岩手、いくつかのテレビ番組に出演。自作曲はNHK第1放送や有線放送でオンエアされている。また「第43回全国盲学生音楽コンクールヴァイオリン部門」にて最高位に、「第8回市川新人演奏会オーディション」では初の自作自演による合格者となる。他にも受賞多数。
ヴァイオリンを合田知子、ジム・エディガー各氏に、作曲を松平頼暁氏に、パーカッションをウィリー・ナガサキ氏に師事。

CD
「いくつかの星空のために」/穴澤雄介 & 望月雄史(販売終了)
「あの木に寄りかかって」/穴澤雄介(販売終了)
「Noche & Monte」/Noche & Monte(販売中)


○ブッキング等、お問い合わせは…
望月雄史

または、
株式会社フルハウス
〒467-0856 名古屋市瑞穂区新開町5-2中村ビル1F
tel 052-884-7051 fax 052-884-7052  
iwasaki@fullhouse-music.co.jp


穴澤雄介氏のブログへ


http://anazawa.exblog.jp/ikutukanohoshizoranotameni.htmlanokiniyorikakatte.htmlCD%5Bnoche%26monte.htmlhttp://form1.fc2.com/form/?id=873830mailto:iwasaki@fullhouse-music.co.jphttp://anazawa.exblog.jp/shapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1shapeimage_1_link_2shapeimage_1_link_3shapeimage_1_link_4shapeimage_1_link_5shapeimage_1_link_6

各ページに記載された記事、写真、音源の無断転用を禁じます。

無断転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象となる場合がございます。

copyrightⓒ望月雄史 all rights reserved.